四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残ってるぞ(パートⅡ二日目)CB500Four 1981/11

06:30起床
ユースのヨウコちゃんが、バイクに興味を示したので跨らせて写真を撮ってあげる。

08:00出発
今日は、久万町方面から山の方へ入って行くことになる。
「これが国道か?」
そんな対面が困難なほど細い国道を、ズンズンと走る。
寒い!
第44番大宝寺の道標が道沿いにあった。
逆打ちで回っていたが、せっかくだから先にお参りする。

第45番岩屋寺に向かう。
どこでどう入ったの、山道に入り込んで行き止まり。
カルスト地形とでもいうのだろうか?
岩肌が剥き出しの、まるで山水画のような景色を見ながら到着。
バイクを駐車場に置き、山道のような石段を歩いて登って行く。
お寺の勧めで、せり通りの行場に入らせてもらった。
下山後、駐車場横の売店で草餅を買い食べる。
お茶を入れてくれた。

「こっちを通った方が近道」
そう教えてもらった道を進むが、自分の所在が分からなくなる。
地図を見ても、どこにいるのか分からないような未舗装の林道を走る。
だんだんと不安になってくるが、進むしかない。
ガソリンもなくなり、リザーブになる。
小さな集落をいくつか通り過ぎるも、日曜のためかガソリンスタンドが閉まっている。
3つ目のガソリンスタンドが、やっと開いていて、ホッとする。
結局、50kmほど走っただろうか。
時間としては2時間半も走っていた。

やっと第43番明石寺に辿り着く。
納経所で、「気を付けて運転を」と言ってもらった。
当に、その通り。
ありがたかった。

第42番仏木寺を目指すが、またもや道が不明。
途中で、硬派風の高校生に道を尋ねる。
ボロボロの帽子に着古したガクランが、何気に格好よかった。
お陰で到着。

第41番龍光寺は、すぐに見つけることができた。

次の寺までは結構な距離がある。
すでに午後7時になっていたので、宇和島ユースに泊まることにする。
ユースまでの道が分かりにくく、細い道を登って行く。
ユースでは、ペアレントさんと話をする。
自転車で日本一周中の人もいた。
ここは公営のユースで、ペアレントさんは今年で定年だと仰っていた。
宇和島に、番外の龍光院があると教えてくださった。

二日目の夜が更けていく・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/06/01(水) 00:10:01|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<残ってるぞ(パートⅡ三日目+α)CB500Four 1981/11 | ホーム | 残ってるぞ(パートⅡ初日)CB500Four 1981/11>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/12-251a4850
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。