四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掛け軸の旅(初日)XL250R改 1985/8

1985年8月
通し打ちから1年が過ぎようとしていた。
その後、欲しいモノができていた。
それを手に入れるために、もう一度行くか?
そう、「四国八十八ヶ所の掛け軸」が欲しかったのです!

8月8日
何も用意していなかった・・・
午前5時10分に起きて、それから準備。
家を出たのは午前7時だった。
須磨港から淡路の大磯に渡り、淡路島を南下。
福良から鳴門港へもフェリー。
少し道に迷い、ようやく到着。

第1番札所霊山寺は、午前10時着だった。
遅い出発になってしまった。
取り敢えず、掛け軸を購入。
7,000円だった。

何となく身体が疲れているのか、少しの時間が長く感じる。

第5番地蔵寺到着後、今までの懸案事項だった「五百羅漢」を見に行く。
第5番の奥の院ということだった。
お婆さんが、五百羅漢の入り口に座っておられた。
羅漢保存のために、100円を寄付する。
交通安全のお守りを戴いた。

今日は、雨なのか晴れなのか?
カッパを着ると雨が止み、カッパを脱ぐと降り出す・・・

第10番切幡寺門前で、ふかし芋を買って食べる。
100円。

第11番藤井寺から第12番焼山寺へは梨の木峠越えで行く。
相変わらず、道のり遠し。
水流清し。
途中で、昨年と同じ店に寄る。
パンと牛乳が昼食。
第12番では、道路保存のために100円。

第15番国分寺は、来るたびにきれいになってきている?
野宿に使おうとした5年前は、無人の荒れ寺の様相があった。
土塀もボロボロな感じで、墓石も放置されていた。
住職不在で、納経はアルバイトの人というのだけは変わってない?

午後5時に第16番観音寺着。
しかし、納経所には誰もおらず、いくら声をかけても誰も出てこない。
納経は6時までなのに、どこへ行った?

第17番井戸寺を先に打ち、また観音寺にもどる。
やっと納経をしてもらえた。
しかし、何かを食べながらの納経。
ものすごく不快感を覚えたまま、寺を後にした。

徳島市内を抜け、今夜の宿に向かう。
途中で、きざみうどんと玉子丼の夕食。
気がつけば、昨年ラーメンを食べた店の向かい側だった。

徳島ユース着が、午後7時17分。

本日の走行
216.6km
スポンサーサイト
  1. 2005/06/03(金) 01:26:15|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<掛け軸の旅(二日目)XL250R改 1985/8 | ホーム | 一気に行くぞ!(六日目+α)XL250R 1984/8>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/21-e2aa1ab9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。