四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんでかな?(初日)GB500TT 1988/8

1988(昭和63)年夏
86年夏は北海道へツーリング。
87年夏は、中国にいた。
今回のバイクは、今までのオフロードバイクではない。
まったく違うバイクである。
ネイキッドのビッグシングルエンジン。
それが「遍路に出かけよう」と思った要因ではないだろう。
「一気に回りたい」
「掛け軸が欲しい」
二つの欲求は満たした。
なのに、遍路がしたくなった。
とにかく、遍路がしたくなった。
なんでかな?

8月10日
早朝に起きだして、午前4時30分自宅発。
雨が降っていた。
須磨-大磯フェリーの待ち時間や淡路の道でブラブラしながら走った。
四国に渡ってすぐ、愛知から徳島へ帰省中のZ400に乗った人と知り合う。
1番霊山寺まで先導してくれた。

午前8時、霊山寺着。
門前で、結願したというお爺さんに桃を戴く。
それを朝食として食べた後、8寺30分スタート。

5番地蔵寺では、また奥の院五百羅漢を訪問。
前回戴いたお守りをお返しし、新しいお守りを戴く。
ラムネを100円で買って飲む。

6番安楽寺辺りから、腹が減ったような、胸焼けするような不思議な感覚。
体調が悪いという感覚がないので、そのまま走り続ける。

9番法輪寺では、姫路から来ているという家族と一緒になる。
5日で88ヵ寺を回り終えるとか。
どうすれば回れるのか謎であるが、納経帳に朱印を戴かなければ可能か。

11番藤井寺前の店で、蒸し芋100円とジュース100円。

12番焼山寺へは、梨の木峠を越える。
道幅狭く、自動車なら離合困難な所も多いが、大いに時間短縮。
参道入り口の店で、パンと牛乳の昼食。
12番は道路補修費としてバイクなら100円を志納。

14番常楽寺が午後3時。
出発が予定よりも1時間遅れたが、かなりのハイペースで回っているのか。

朝からの雨が降り続いているためか、身体が疲れている様子。
何度か、多の車と接触しかけた。
気を付けなければと、改めて自分に言い聞かせる。

15番国分寺の後、高校生の時にお世話になった新居さん宅に寄る。
子供たちが大きくなっていた。
30分ほど話をして出発。

どこの寺だっただろう。
納経終了時刻は午後6時のはずなのに、5時半で閉まってしまう。

雨の中ではあったが、ペースは良かった。
前回は18番恩山寺で打ち止めであったが、19番立江寺まで行けた。

ラーメンライスの夕食後、午後7時30分に徳島ユースホステル着。

就寝、午後10時
本日の走行距離 231.4km
スポンサーサイト
  1. 2005/06/20(月) 21:00:42|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんでかな?(二日目)GB500TT 1988/8 | ホーム | 掛け軸の旅(六日目+α)XL250R改 1985/8>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/27-e28ebefe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。