四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お四国デビュー(二日目) 1975春

爽やかな朝(だったような気がする)
目覚めと同時に出発準備。
さて、何処行こ?
取り敢えず、鳴門公園に一番近い1番札所霊山寺から歩き始める。
気ままに歩きながら、3番札所まで。
なぜか4番5番を飛ばして6番と7番札所へ。
友人の高校の同級生の実家、8番熊谷寺に行ったことは覚えている。
ここも留守・・・
よほどついてないのか?
諦めて、9番札所まで歩いた。

真っ直ぐ行けばよいものを・・・
地図があるものだから、あちこちをフラフラ・・・
我々の服装は、当時流行っていたツナギ!
当に、遊びに来ている服装なり!

途中で、遍路姿の女子高生風二人組の後ろ姿を発見!
声をかけて、振り向いた二人を見て、唖然!!
金髪ではござらんか!!!
年の頃は、我々と同じぐらいか?
「ハロー、エクスキューズミー」
「フォト・・・ん?ピクチャーか?・・プリーズ ギブ パチパチ(シャッターを押す真似)」
「イイデスヨー」
日本語やんけ!
いやぁ、役得役得!(何がや?)
ホンでもって、時間が過ぎていく・・・

その後結局、バス&電車&歩きで屋島を目指すことになった。
87番長尾寺と86番志度寺を経由して、一路屋島へ。
のはずだったのだが?
屋島の下についたと思ったら、八栗寺の麓やった・・・
おまけに、ケーブルカーも終わっていた。
「どないしょ?」
「歩いて登るけ?・・・」
結局、参道を歩いて寺まで登った。
着いたら辺りは真っ暗・・・
昨日と同じ轍を踏んでおるような(^^;
土産物屋が店仕舞いしとったから、あわてて竹輪を2本買うた。
(だんだんと、神戸弁になってきた)
ほんでも、また寝るとこがない。
「途中に、稲刈りの後の藁が積み上げてあったんとちゃうけ?」
「あん中やったら、温いかも知れへんな」
と、話をしているとお寺の方が出てこられた。
「庫裡でよければ、朝が早いけど寝かせてあげますよ」
やった!
ということで、お寺の本堂で木魚を枕に(ウソです!)深い眠りについたのでありました。

ウロウロしながら、徳島から香川に入っていた模様?
「のんきな父さん」の像があったのは、どこだろう?
土讃線とかいう鉄道に乗った記憶はある・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/05/27(金) 20:36:21|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お四国デビュー(三日目) 1975春 | ホーム | お四国デビュー(一日目) 1975春>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/3-f7ffb59a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。