四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんでかな?(四日目)GB500TT 1988/8

8月13日
0700起床
今日の最初の寺を7時にと思っていたが、よく寝てしまった。
寝るのが遅いと、朝も遅くなってしまう。

0800にユース発。
昨夜、「昨日は朝も昼も食べていない」という話をした。
出発時に、「何も食べないと身体に悪い」と叱られた。
そして、おにぎりを「お接待」と言って持たせてくれた。
いっぺんに、このユースのファンになってしまった。
ユースというよりは、ペアレントのお婆ちゃんのファンである。

雨が降っていなくて助かった。

45番岩屋寺参道入り口の店の人と話をするのが恒例になってきた。
今年は、お婆さんがいなくてお爺さんだった。
「眠気覚ましに食べたら」と、ニッキ飴を持たせてくれた。
自分では、ニッキ水100円を買った。

47番八坂寺で、ヘルメットのシールドネジが破損した。
自転車屋を探して、ネジを1個もらう。
普通の鉄製のネジだが、上手く止めることができた。

49番を探すのに手間取る。
地図を見るのに、一々バイクを止めなくてはならない。
聞いた方が早いので聞いて教えてもらう。

51番は、相変わらず「観光寺」というイメージが大きい。

52番太山寺で、また雨が降り始める。
「またか」と思ったが、53番円明寺を過ぎた辺りで止んだ。

53番延命寺までは、松山市から今治市までの距離である。
海沿いの国道もあり、快適な眺めであるにも関わらず、長く感じた。

57番栄福寺の納経は、何とも言えず感じが悪かった。
まるで邪魔者のような態度をとられた。
納経帳を差し出すときに、「お願いします」
受け取るときには、「ありがとうございました」
必ず言うようにしている。
ここでも言うには言ったが、「言うのが損」と思わざるを得なかった。
「納経所が、それで良いのか?」
今までの色々な納経所経験からも、疑問が残った。

また雨が降り始める。

58番仙遊寺から59番国分寺までは、思っていたよりも時間がかかる。
渋滞があり、バイクでも走りにくかった。

次に向かうために国道196号線を走る。
国道11号線までが長い。

60番まで行くのは間に合わないと判断。
61番香園寺から63番吉祥寺を先に打つ。
午後6時ジャストに打ち終えた。
ひたすら走ったような気がした。

60番へ行くため、参道入り口の京屋旅館支店に電話。
午後6時30分着。
突然の電話にも関わらず、夕食の準備をしてくださる。
若いご夫婦であったが、爽やかな感じを受ける。

品川ナンバーのバイクで来ている人と話をする。
自動車販売をされているとんこと。
42歳独身だとか。

本日の走行231.2km
何時に寝たのだろう?
スポンサーサイト
  1. 2005/06/20(月) 21:03:25|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんでかな?(五日目)GB500TT 1988/8 | ホーム | なんでかな?(三日目)GB500TT 1988/8>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/30-2607d92e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。