四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

痛い遍路(初日)GB500TT 1989/8

ツーリングメモとして残っていた大学ノート。
本当に、チョコチョコっと書いているだけなのです。
記憶が交錯している部分もあって、バイク購入記録とも照合しています。
「重ね印」など、知りもしませんでした。
毎回購入していた納経帳。
そこに押されている高野山での日付印。
その3つが、この記録のベースなのです。
微妙な記憶のズレが、そのことで整理されて思い出されてきます。

さて、1989年になりました。
今年の夏休みは、どこへ行こうか。
結局、四国遍路に落ち着く。

1989年8月9日
0515起床
0520には自宅を出発
0530フェリー乗船
0540フェリー出航

5番地蔵寺では、奥の院で五百羅漢と1年振りの対面。
今年も、昨年のお守りをお返しして、新しいお守りを頂いた。
ジュース100円。

9番法輪寺は、田圃の中を抜けていく。
「四国の道」という石標があるのだが、分かりにくかった。
5回目の遍路でも、迷うときは迷う。

10番切幡寺前で蒸し芋100円とウーロン茶100円。
昨年と同じである。

12番焼山寺参道登り口の角のスーパーで休憩。
牛乳とアップルジュースを飲む。

13番大日寺では、奈良から来たという学生に写真を撮ってもらう。
送ってくれるということだったが、結局届かず。

身体が水分を欲している。
ジュース類を飲み過ぎているきらいがある。
牛乳かお茶だけと心がけねばと反省する。

17番井戸寺で納経を済ませて出発しようとしたときに、声をかけられた。
やはり遍路しているおばさんが、「肩こり、水虫、何でも効く」といって、花のつぼみを下さった。
何の花かは教えてくれなかった。
35度のホワイトリカーに10日間漬けると、11日目から使えるということであった。
この時点で、午後3時。
かなりのハイペースである。

新居浜から来られているおばちゃん2人と、大阪から来られているご夫婦を先導することになった。
徳島市内は、バイクでも渋滞するとつらい。
車2台を先導しているので、車のペースで走らなければならない。
それでも、1時間で18番恩山寺に到着した。
午後4時である。

何やら、足にマメができている。
今年は、マメができるのが早すぎる。
それにしても、痛い。

19番立江寺が、午後4時20分。
かなり余裕があるので、次を目指す。

20番焼山寺に到着したのが、午後5時10分。
やはり遠いが、それでも今までで一番先まで進めた。
納経終了時刻の午後6時には余裕があるが、次に進むのは無理である。
徳島ユースに電話を入れ、宿泊可能なことを確認する。

国道55号線の旧道沿いの店で夕食。
ラーメンライスと卵焼き、豆腐を食べる。
牛乳も飲んだ。

午後6時50分、徳島ユース着。
本日の走行 262.5km
スポンサーサイト
  1. 2005/06/21(火) 17:49:07|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<痛い遍路(二日目)GB500TT 1989/8 | ホーム | なんでかな?(六日目)GB500TT 1988/8>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/33-a6430e3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。