四国遍路の道

1974年からの四国霊場遍路の記録(現在は1989年アップ中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

痛い遍路(二日目)GB500TT 1989/8

《註》 この日の記録の中に、「高知駅前ユース」と出てきますが、現在高知市内にある「高知ユース」とは、まったく別です。「高知駅前ユース」は、このブログを書いている2005年現在は、なくなっています。誤解のないようにしてください。

8月10日

21番スタートは初めてのこと。
道が今ひとつ分かりにくいと思ったので、19番立江寺まで行った。
パン2個と牛乳で朝食。
それでも道が分からなくなり、ガソリンスタンドで道を聞く。
ついでに、13L給油。
太龍寺はバイクならば境内まで登って行けるのは、今までで分かっていた。
途中の「坂口屋」という民宿の前で、昨日先導した大阪からのご夫婦と再会。
缶紅茶を御馳走になる。

22番平等寺から23番薬王寺へは、昨年は通れなかった道が通れた。

23番から24番最御崎寺まで、なんと1時間10分で走破。
かなりのハイペースで飛ばした。
ここでは、徳島ユースで一緒だった2人と出会う。

今日も天気が良い。
本当に暑い。

27番神峯寺で、寺の水をいただく。
冷たくて美味しい。
さらに、駐車場でコーヒー牛乳2本とジュースを1本。
飲み過ぎである。

この時点では、今夜の宿が決まっていなかった。
何度か、高知駅前ユースに電話して、キャンセルを期待していた。
この日は「はりまや祭」がある。
甘い期待ではあった。

28番大日寺で電話を入れてみると、泊まれるということ。
キャンセルでも出たのだろう。
ただ、条件を付けられた。
「必ず、夕食を食べて食事代も払うこと」
相変わらず、対応の悪いユースであるが、行程上使わざるを得ない。
他の宿に比べたら、ユースだけに安いということもある。
いろんな人と話ができるチャンスも大きい。

30番は、今年も善楽寺にお参りする。

31番竹林寺到着が、午後5時。
納経終了まで残り1時間。
まだ2つは行ける。

32番禅師峰寺を午後5時30分に出て、浦戸大橋を目指す。
遍路地図は分かりにくい。
方向や道の角度が、かなりアバウトである。
頼りすぎると、逆に迷う。
この時も迷った。
ツーリングマップルを取り出し、道を確認しながら浦戸大橋を探す。

種田という集落に差し掛かった。
信号待ちをして、青になったから交差点に進入。
・・・・・・・・・・・・・・
しばし、記憶が途切れる。
ボーとした頭で回りを見ると、横にGBがあり、自分は歩道に立っている。
横に立っていた人に尋ねた。
「どうしたんですか」
「君が事故に遭ったんやで」
「エ?」
「自分で警察に電話してたで」
「エ?」
どうやら、本当みたいだった。

辺りを見回すと、交差点に進入した所から2車線の道路を対角線に飛ばされたようだった。
バイクは、タンクが大きく凹み、ライトも在らぬ方向を向いている。

すぐに警察が来た。
話を聞いてみると、信号無視をして突っ込んできたミニバイクがぶつかったとのこと。
ミニバイクを運転していたと思われる少年が、横でうずくまっていた。
その友人らしき少年が、「このオッサンか?」とか言っていた。
「ぶつかってきたんは、そっちやろが!」
思わず大声で怒鳴ってしまった。
相手は、ビビってしまったようだった。
坊主頭に黒っぽいタンクトップにGパン。
顔や服から出ている腕は、日焼けして真っ黒。
どんな職業の人間に見えたのだろう。

ケガをしている様子がないということで、病院へ行く前に警察で事情聴取ということになった。
どうやら、無免許の少年だったらしい。
私が被害者だったし、青信号での進入だったので、事情聴取は簡単に終わった。

到着が遅れそうだったので、ユースにその旨を電話する。
「事故に遭って、警察にいます」
「病院へも行くので、到着が少し遅れそうなのですが」
返ってきた返答。
「なら、もう来なくていいです」
ガチャン
「エ・・・・?」
先にも書いたが、この日は「はりまや祭」
今から宿を探して見つかる訳もなく。
「必ず、夕食を食べる」
そう言われていたので、昼食抜きで夕食の予定もなし。
ユースでこんな対応があって良いのだろうか。
高知駅前ユースのオヤジ(普段は「ペアレントさん」と呼んでいる)の顔が目に浮かぶ。
しかし、どうしようもない。

警察の事情聴取終、近森病院へ検査を受けに行く。
軽い脳震盪は起こしていたが、身体にはまったく異常なし。
一応、頭部レントゲンも撮ってもらったが異常なし。
本当ならバイクに乗るにはヤバイ格好だった。
地肌丸出しだったのだ。
肩に砂が少しだけ付いていた。
身体は無傷だった。
「やはり、守って頂いているのだろうか」
そう思えた。

その直後、また腹が立つことが起こった。
少年の父親が出てきた。
最初は、大人しく対応してくれていた。
やはり、少しビビっているようだった。
ところが、私の職業(当時は小学校の教師)が分かったとたんに豹変した。
「うちは、神戸にヤクザの親戚がおる」
そんな事を言いだした。
謝ってくれれば、バイクが壊れたにしろ許すつもりでいた。
これでは、許すに許せない。
「じゃぁ、後日連絡しますから」
電話番号を聞いて別れることにした。
別れ際に、「うちの子の検査費用も含めて、出して帰るように」とか言い出した。
「それは、アカンでしょうが!」
「あなたが出して当然ですよ!」
言葉は丁寧だったが、怒気を含んだ声だったと思う。
そのまま、警察にバイクを引き取りに行った。

【後日談】
神戸に帰ってきてから、警察に勤める友人に相談した。
高知の警察と連絡を取ってみたらとのアドバイス。
「神戸に親戚はいるが、ヤクザ関係ではない」
「あのオヤジも、無職でフラフラしているだけ」
それ以外の情報もくれた。
早速、電話。
少し脅しもかけたが、バイクの修理費用を半額だけ出すということで許した。
相手が無職と分かっているだけに、優しすぎたか。
金の振り込みを確認して、領収書を送っておいた。

警察にもどり、バイクを見る。
これでは、もう走れない。
そう思って、「送り返したいのだが」と警察に言った。
「これ、ライトが真っ直ぐを照らしてますよ」
「かなり傷んではいるけど、走行には影響ないよ」
「エ?」
駐車場で走らせてみると、真っ直ぐ走るしライトもしっかりしている。
ということで、お遍路続行。

宿捜しをしなければならない。
警察で、「サウナなら一晩中開いてるのでは」と教えてもらう。
高知駅近くのサウナ「ビッグ1」が開いていた。
様々な思いを持ちながら、事故当日の不安な夜をサウナの仮眠室で過ごした。

サウナ到着、午後11時
就寝、午前0時
本日の走行 294km
スポンサーサイト
  1. 2005/06/21(火) 23:02:51|
  2. 遍路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム | 痛い遍路(初日)GB500TT 1989/8>>

コメント

はじめまして

こんばんは。くしまさんの掲示板ではお世話になっています。
コメントありがとうございました。
私もこちらへお邪魔しました。
いやあ、読み応えのある遍路日記でとても参考になります。
それにしても遍路中に事故とはあまりに災難ですね。
ユースがそんな態度をとる時代もあったのですね。

またお邪魔します。
  1. 2005/07/23(土) 00:32:12 |
  2. URL |
  3. ピースケ #HF13wXwo
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/12/08(木) 03:03:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/10/19(金) 07:52:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://r100gspd91.blog7.fc2.com/tb.php/34-e6415c1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。